あの時やっておけばよかったと、いつまでお前は言うんだ?



 

日本全国の営業職の人におすすめ!


営業という仕事は社会貢献のために存在する。
社会貢献にも大きくわけて二つあるが、一つは人の欲望に応えるもの。そしてもう一つは人の悩みや問題を解決してあげるもの。

どちらも大切ではあるが、今の時代は後者を果たしてくれる営業のほうが必要とされるようです。

さて、この本「あの時やっておけばよかったと、いつまでお前は言うんだ?」のなかに、人々の悩みを解決するための重要な話があります。(~関係性の関係性~)

いま目の前のお客様だけではなく、その人の向こう側、無数の人たちにまで影響を与えることができる、営業人にはそんな偉大な力があると確信していただけるでしょう。

営業人の力で、世の中の負の連鎖を断ち切り、正の連鎖に変えることができるのです。

しかも特別な方法ではありません。子供のころに聞いたような基本的なこと、誰でもやろうと思えばできることをやるだけです。

どうかこの本をじゅうぶんに活用していただきたい!




※中村信仁さん開催 永業塾に参加されてる方は必読ですよ!



目次


・「普通『で』いい」


・変化した友人


・同窓会、そして「後悔」


・過去の自分が見た自分


・もう逃げない


・現実を知る


・目的地を決める


・目的地:「全国トップ」


・「現状確認シート」


・「失敗できる環境」を作る


・「手よりもスコップ、スコップよりもブルドーザー」


・成功者に聞く


・「Dance!De☆踊リーマン!」

・再会


・関係性の関係性


・感謝の営業


・鬼頭武士が伝えたいこと


・最後に

1,620円

在庫あり
注文数:

カートの中身

カートに商品は入っていません

営業カレンダー