福に憑かれた男  喜多川泰 著

人生の困難にぶつかったとき
何度も読み返したい物語がここにある――。

突然他界した父親に代わり、実家の長船堂書店を継いだ秀三。

店舗を大きくすることを夢見ていた彼に訪れたのは、集客が激減するなどのピンチに次ぐピンチ。
「もう、やっていけない……」と意気消沈した秀三は、ついに店を閉めることを決意。
しかし、実はこれらの出来事はすべて秀三に憑いている“福の神"の仕業だった――! ?

「これは、どこかの本屋さんで起こった物語ではなく、今、あなたのお店、会社で起こっている物語だということです。
秀三は自分であり、起こる試練の数々は、自分に憑いてる福の神が引き起こしてくれる、幸せのために必要な材料だと、読んだ人が、心から納得できる。
そんな楽しみ方をしてもらえれば著者としては幸せです」(著者あとがきより)
中高生から人気の高い学習塾「聡明舎」の創立者であり、自身も授業を受け持つかたわら、日本各地で連続講座「親学塾」を開催するなど幅広く活動する、小説家・喜多川泰さん。
彼が描き出す作品は、エンターテイメントとしてだけではなく、人生を楽しむためのヒントが隠されています。

目次より
第一話 長船堂書店の危機
第二話 出会い
第三話 再会
第四話 好転
第五話 迷い
第六話 種と花
第七話 奮闘
第八話 奇跡

660円

注文数 :
こちらの商品が再入荷した場合
メールでお知らせします。
メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。

カートの中身

カートに商品は入っていません

営業カレンダー