失敗図鑑 ~すごい人ほどダメだった〜

失敗した人、みな天才!

カンペキなんてしょうもない!


「大事なのは、にげた後、何をするかです」

  失敗王



まったく、けしからん。



わしは失敗など一度もしていない。



たしかに、ひとつの発明品を作るまでにわしはいくつもの失敗作を作っている。



しかし、これらは「失敗」ではない!



わしは失敗するたびに「うまくいかない方法」をひとつ発明しているのじゃ!



たとえ、1000回失敗してもそれは「1000回うまくいかない方法を発明した」だけのことじゃ!



なに?結局失敗しているじゃないか、だと?



ああ、そうさ!



だが、1000の失敗なしに1の大成功を作ることはできんのじゃ!



つまり、何が言いたいかわかるか?



失敗はしてもよい、いや、むしろ失敗はするべきなのじゃ!



世の中には、失敗してくよくよする人もおるがそれは、失敗になれてないだけじゃ。



わしは言いたい!



みんなもっと失敗しなさい!



どんどん、じゃんじゃん失敗しなさい!



そして、考えるのじゃ。どうして失敗したかをな。



そうすることで、失敗から成功につながる道が少しづつ見えてくる。



さらに、人生にはぜったいに失敗してはいけないときがある。



たとえば、命がかかっているときとかな。



そういうときに失敗しないためにもふだんからたくさん失敗して失敗になれておくことが



大事なんじゃ。



 



というわけでこれから、わしのように「世界に名を残したスゴイ人たち」いわゆる「偉人」



たちの失敗とその失敗から、かれらがどうやってふっかつしたかをしょうかいする。



これを読んで失敗がいかに人生にとってすばらしいものかを学んでくれ。



 



失敗はすばらしい!Viva失敗!



この本を読んでみんながすばらしい失敗人生を送ってくれることわしは望んでおるぞ。



「発明王」あらため「失敗王」 とーます・えじそん

1,320円

在庫あり
注文数 :

カートの中身

カートに商品は入っていません

営業カレンダー