なぜ、宮崎の小さな新聞が世界中で読まれているのか    宮崎中央新聞社 松田くるみ 著

  • 新聞もいいけど、くるみさんと編集長に出会えたことが嬉しい!

    新聞もいいけど、くるみさんと編集長に出会えたことが嬉しい!

当時、彼女は普通の主婦だった。 2人の乳幼児を抱えながら、慣れない子育てに奮闘していた。 結婚してからフルタイムの仕事はしていない。 パートで朝のラジオ番組のアシスタントをしたり、話しかた教室のインストラクターなど、あまり普通の人がやりそうもないことにチャレンジしていたが、まだまだ趣味の延長でやっていたようなものだった。


その彼女が「宮崎中央新聞」の営業をやるようになって、それまで眠っていた能力が突然開花した。 誰から教えられたわけでもなく、誰から管理されたわけでもないのに、自分で決意して飛び込み営業を始めたのだ。


            ~ みやざき中央新聞 魂の編集長 水谷もりひと 「まえがき」より ~


 

なぜ、購読者500人だった新聞が1万7000人に愛されるようになったのか?



社長、くるみさんの営業方法とは? 



編集長、水谷もりひとさんの新聞にかける想いは?



みや中が突き抜けたきっかけは? 



ますます 『みや中』 が好きになる感動の物語。



営業の基本を学ぶ本にもなる!


夫婦仲良くする秘訣も!?



 

1,350円

注文数:

カートの中身

カートに商品は入っていません

営業カレンダー