• 0.1秒で人は変われる!【夢を叶える】お笑いセラピスト・尾崎里美×しちだ教育研究所・七田厚 共著 
    0.1秒で人は変われる!【夢を叶える】お笑いセラピスト・尾崎里美×しちだ教育研究所・七田厚  共著 
    1,650円
    【イメージダイエットCD(51分)付き】
    【初版限定特別付録】
    『5年後、10年後、将来の自分のイメージできますか?』
    『自分のことが好きですか?』

    豊かになった現代社会において、私たちはたくさんの悩みを抱えて生きています。そして、子供から大人まで、生きにくさを感じている人が少なくありません。人生、仕事、子育て、本来楽しいはずなのに。

    一方で、厳しい状態でも、悩まず、幸せに暮らしている人もいます。
    その違いはどこにあるのでしょうか。

    それはまず、「自分が好きかどうか」ということ。

    自分のことを好きに育って当然であるはずなのに、
    日本の文化や教育には良い面もある一方、自分を愛せなくしているという現実があります。それがさまざまな恐れの感情を生み、悩み製造マシンのように悩みを生み出しているのです。
    これは日本人特有の心理作用といえます。

    でも、変えることはできます。
    しかも、わずか0.1秒で

    この本は、より良く生きよう、
    より良く子供を育てようとしているあなたへの
    尾崎里美と七田厚からの応援ブックです。
    さあ、自分を好きになって幸せな人生を始めましょう。


    【夢、目標、ダイエット、叶えたひと続出】【すべてはイメージから】
    【フレンズで200冊売れた本】

  • 100万回生きたねこ   佐野 洋子 作・絵
    100万回生きたねこ   佐野 洋子 作・絵
    1,540円

    100万回いきてい100万回死んだ猫は、


    泣いたことも愛したこともなかった。


    あるとき一匹の白い猫と出会い、初めて自分より


    大切なものをみつけたとき・・・


    愛を知る。

  • One World  ~みんなが誰かを幸せにしている~
    One World  ~みんなが誰かを幸せにしている~
    1,540円

    『少年野球、サービスマン、卒業式、バレンタイン、能力、

    就活、日本、出稼ぎ、恋・・・』

    喜多川泰さん初の短編集かと思いきやそうではない。

    「僕たちの世界はひとつにつながっている。」

    帯の言葉のとおり、9つの物語はすべてつながっています。

     

    最後まで読み終わってももう一度最初に戻ってしまう。

    それが果てしなくつづく。

    あるいは、どこから読み始めてもすべてがつながってしまう。

    なんとも愉快な長編小説。

     

    今回も巧みな言葉でジャブを連発してきます。

    心くすぐられ、背中を押され、誰かを幸せにしたくなる。

    これぞ喜多川マジック!

     

    「このが世界をひとつにする!」と言っても過言ではない。

    それは読者が証明してくれるであろう。
  • 「また必ず会おう」と誰もが言った。 〜偶然出会った、たくさんの必然〜 喜多川泰 著
    「また必ず会おう」と誰もが言った。 〜偶然出会った、たくさんの必然〜 喜多川泰 著
    1,540円
    主人公・秋月和也は熊本県内の高校に通う17歳。 ひょんなことからついてしまった小さなウソが原因で、単身、ディズニーランドへと行く羽目になる。 ところが、不運が重なったことから最終便の飛行機に乗り遅れてしまう和也。 所持金は3400円。 「どうやって熊本まで帰ればいいんだ……」。 途方に暮れる彼に「おい! 若者」と声をかけたのは、空港内の土産物売場で働く1人のおばさんだった――。 人生を考え始めた高校生に大人たちが語りかける、あたりまえだけどキラリと光った珠玉の言葉。 誰の人生にも起こりうる出来事から物語をつむぐ名手、ベストセラー作家の喜多川泰がお届けする感動の物語。
  • 「手紙屋」 ~僕の就職活動を変えた十通の手紙〜  喜多川泰 著
    「手紙屋」 ~僕の就職活動を変えた十通の手紙〜  喜多川泰 著
    1,650円

    この本で働き方が変わったり、やりがいをみつけた人は多い。

    背中を押してもらい、転職した人もしばしば。

    学校では教えてもらえなかった「はたらく」について、就活前の学生から何十年も働いてきた人まで気づきを与えてくれます。


  • 「手紙屋」蛍雪篇 ~私の受験勉強を変えた十通の手紙〜  喜多川泰 著
    「手紙屋」蛍雪篇 ~私の受験勉強を変えた十通の手紙〜  喜多川泰 著
    1,650円

    「なぜ勉強するの?」

    誰もが一度は通るその質問に、

    斬新な視点で、これほどまでに明確に説明した本が

    あったでしょうか。

    多くの受験生の人生を変えた、中高生のバイブル的物語

  • 【 火 定 】かじょう  澤田瞳子 著
    【 火 定 】かじょう  澤田瞳子 著
    1,980円

    天然痘を乗り越えた先に…

    今こそ読むべき壮大な物語



     歴史は偉大なテキストとも言えるのではないか。

    時は天平時代。

    天然痘が蔓延する中で、人はどう生き抜いたのか。

    医者や政治家はどう対応したのか。

    そして、その混乱時に乗じて欲を遂げようとする人々。

    未曾有のウイルスに脅かされている今、この『火定』から得られるものはとても多い。

    澤田瞳子さんの人を描く歴史小説を、令和のこの時だからこそ、読んでほしい。

  • 【2020年本屋大賞受賞作品】 流浪の月 凪良ゆう 著
    【2020年本屋大賞受賞作品】 流浪の月 凪良ゆう 著
    1,650円

    家に居場所がなかった主人公は、公園で男子大学生の文と出会う。

    ただ、主人公は探していた。自分の居場所を。それだけなのに、文は幼女誘拐犯として捕まってしまう。

    その後再会した2人はまた……

    最初から最後まで、著者のほとばしる筆力にただただ圧倒され、息継ぎができないまま読了。

    余韻が大き過ぎて、しばらく茫然自失。

    この世界観はどう説明したらいいのか。大学生と子供がいきなり一緒に住み始めた…と聞けば誰でも犯罪の匂いを嗅ぎとるだろう。本人たちがいかに説明したとしても、だ。

    恋でも愛でもない、家族とも違う。こんな関係を、小説という世界から覗けるとは!著者の凪良ゆうさんの、曖昧なままあえて結論を書かないフレーズが、読み手の心の奥の想像や欲望を駆り立てる。

    何度か作中に出てくる『事実と真実は違う』というフレーズが胸に刺さる。

    きっと真実は本人達にしかわからない。

    けれども、世の中はそれを許さない。

    善意という悪意(?!)2人を責め続ける。思わず、我が身を振り返る。

    この小説からは、ジャッジの不要さ、人間関係の多様さを教えてもらえた。

    日頃感じている違和感を、著者の自由な言葉の海が昇華してくれたように思う。

  • 【ただ今、混み合っております。発送に時間がかかります。】あなたに合う本を選らんでお届けします。
    【ただ今、混み合っております。発送に時間がかかります。】あなたに合う本を選らんでお届けします。
    5,000円
    どんな本を読んでいいか分からないという方向けのサービスです。

    注文フォームの備考欄に今の悩み、状況などを簡単にご記入いただければ、それに合った本を選んでお届けします。

    (例)
    ・本は読みたいけど、いつも途中で挫折する。最後まで読める面白い本を読みたい。
    ・〇〇〇〇のことで悩んでいます。人に相談しにくいので解決のヒントになる本を読みたい。
    ・今、〇〇〇〇を目標にして頑張っています。実現するために背中を押してくれる本を読みたい。
    ・友人の誕生日に贈る本を選んでほしい。友人は〇〇〇〇なひとです。
    ・自分で本を選ぶといつも同じ傾向になる。新しいジャンルを開拓したい。


    本3~5冊の代金と送料を含めて5000円(税込)
    ※本の値段によって少しの差異が生じる場合がございます。
    その場合は実額頂戴します。
  • 【七田眞 成功の金言】夢を叶える人の人間学  七田眞著/七田厚監修
    【七田眞 成功の金言】夢を叶える人の人間学  七田眞著/七田厚監修
    1,760円
    【七田眞さんの200余りの金言がこの本に】

    一歩踏み出す勇気が欲しい時、背中を押して欲しい時、人生の壁にぶつかっている時など、あなたの気持ちにぴったりの言葉がきっと見つかるはずです。 

    二十代で描いた夢をあきらめることなく、
    六十代で開花させた大器晩成型の七田眞がご紹介する珠玉の
    エピソードの一つひとつを、どうぞ味わい噛みしめてみてください。
                           七田厚
    【運命】【宿命】【天命】【立命】
    第一章、運命を開く
    第二章、成功の条件
    第三章、学ぶということ
    第四章、心の根を育てる


  • 【6月28日発売予定】喜多川泰さん新刊「きみを自由にする言葉ヴィジュアル版」【予約受付中!】
    【6月28日発売予定】喜多川泰さん新刊「きみを自由にする言葉ヴィジュアル版」【予約受付中!】
    1,760円
    きみを自由にする言葉  【ヴィジュアル版】
    喜多川泰さんの著書から厳選した名言たちを集めたフォト名言集!

    ※発売延期になりました。
    6月28日発売予定。


    ※発売してからの発送になります。
  • あなたはなぜ、片づけられないのか?  伊藤 勇司 著 ( PHP研究所 )
    あなたはなぜ、片づけられないのか?  伊藤 勇司 著    ( PHP研究所 )
    1,320円
    ㊟ この本はお家や部屋をキレイにするための本ではありません。

    この本は、お片づけやお部屋の状態をつうじて自分の 「 考え方やクセ 」 を知るための本です。



    一時、断捨離というものが流行りました。本を捨てた、服を捨てた、部屋がスッキリしたとみんな口を揃えて言っていましたがほとんどの人がリバウンドしています。
    せっかく決心して片づけたのに、大切なものまで捨てたのに・・・

    なぜ、リバウンドするのでしょうか?
    そもそも、なぜ片づけられないのでしょうか?
    その原因がこの本でおもしろいようにわかってしまいます。

    お片づけの本はたくさん出ていますが、この本が一番おすすめです。
    お片づけやお部屋の状態と、人の心理をここまで深く検証している本はほかにありません。 著者に脱帽したくなるくらいです。


    どうか皆さん、悩むまえに、捨てるまえにこの本を読んでください。
    もし今お部屋がキレイとか、お片づけで悩んでない人もぜひ読んでみてください。

    思考、行動、心、人間関係、時間の使い方、価値観・・・
    自分の考え方やクセを知ることができますから。

  • おいべっさんと不思議な母子  喜多川泰 著
    おいべっさんと不思議な母子  喜多川泰 著
    1,540円
    子どもが学校で学ぶことは何なのか?
    勉強や運動も大事だけれど、学校でしか得られないものって他にたくさんある。
    それが何なのか・・・
  • きみが来た場所  喜多川泰 著
    きみが来た場所  喜多川泰 著
    1,650円
    会社を辞め、子供たちの生きる力を育てる塾を立ち上げた秀平。家族を支えながらも経営がうまくいかず、不安な毎日を過ごしていた。そんなある日、口に入れると「自分の先祖が体験してきたこと」が夢となってあらわれる「ルーツキャンディ」を手に入れる。秀平は祖父たちの生き様、決意、つないできた命の奇跡を知るなかで、これから自分の子として生まれる新しい命と、塾の子供たちに伝えなければならない大切なことに気づいていく。

    ※『母さんのコロッケ 懸命に命をつなぐ、ひとつの家族の物語』(2011,大和書房)に書き下ろしの短編を加えた新装版
  • きみの存在を意識する  梨屋アリエ 著
    きみの存在を意識する  梨屋アリエ 著
    1,650円

    子どものSOSサインを見逃さないために、

             先生にお薦めします!


    学校で教える『みんな違って、みんないい』という言葉。

    では、子どもからそれはどういう意味?と聞かれた時、しっかり答えられる大人はどれだけいるのでしょうか。

    著者自身も、読み書きに困難がある障害『ディスレクシア』を持つ。

    周りと違うことに気づいた著者は、それを必死に隠そうします。なぜなら、『違う』ことが『悪い』ことだったから。友達や先生から受け入れられていないと気づいたから。

    本書では、他にも大人の期待に必死に応えようと頑張る子、匂いに敏感すぎて教室に入れなくなる子、女性にも男性にも分けられたくない子など、様々な周りと『違う』子どもが登場します。

    そして、そんな子ども達の気持ちをくみ取らない担任も。

    その担任の姿は、もしかしたら『目立たない』ことを強いる、周りと『違う』ことを認めようとしない私達大人の姿かもしれない。

    それはきっと知らないから。

    そういう存在を意識していないから。

    知らないことは、存在しないこと。

    気づかぬうちにあなたの目の前にいる子ども、隣にいる友人は存在しない事になっているかもしれない。

    この本を是非、現場で日々子ども達に接している先生方にも読んで欲しい。もちろん、先生方は既知の事だと思います。でも、子ども達の目線から『生きづらさ』が書かれている本はなかなか無いと思います。

    そして、可能であるなら子ども達と一緒にこの本を共有して欲しい。

    知ることは、相手を意識すること。

    相手を意識することは違いを認めることだということを。


  • きみを自由にする言葉 喜多川泰名言集
    きみを自由にする言葉 喜多川泰名言集
    1,320円
    ファンもノーマークの新刊が、
    10月12日に入荷予定! 先行発売!!

    ただいま予約受付中!

    ※入荷次第順次発送させていただきます。

  • なぜ、宮崎の小さな新聞が世界中で読まれているのか    宮崎中央新聞社 松田くるみ 著
    なぜ、宮崎の小さな新聞が世界中で読まれているのか    宮崎中央新聞社 松田くるみ 著
    1,375円

    当時、彼女は普通の主婦だった。 2人の乳幼児を抱えながら、慣れない子育てに奮闘していた。 結婚してからフルタイムの仕事はしていない。 パートで朝のラジオ番組のアシスタントをしたり、話しかた教室のインストラクターなど、あまり普通の人がやりそうもないことにチャレンジしていたが、まだまだ趣味の延長でやっていたようなものだった。


    その彼女が「宮崎中央新聞」の営業をやるようになって、それまで眠っていた能力が突然開花した。 誰から教えられたわけでもなく、誰から管理されたわけでもないのに、自分で決意して飛び込み営業を始めたのだ。


                ~ みやざき中央新聞 魂の編集長 水谷もりひと 「まえがき」より ~


     

  • はてしない物語 ミヒャエル・エンデ著
    はてしない物語     ミヒャエル・エンデ著
    3,146円

     

  • ひとつむぎの手  知念実希人 著
    ひとつむぎの手  知念実希人 著
    1,540円

    知念実希人さんが書く小説は、その場に立っているかのような臨場感で迫ってくる。

    それもそのはず。

    知念実希人さんは、現役の内科医であり、今この時も外来診療を続けているのである。

    そして、今一番熱い(とスタッフNは確信している)ミステリー作家なのである。この作品を含めて、3作品3年連続本屋大賞ノミネートしている。

    作家としての手腕も疑うところがない。

    この作品はミステリーが主軸ではあるが、ヒューマンドラマにかなり寄っている。ミステリーは怖くて読めない、そんな方にもおすすめできる作品になっている。

    大学病院で渦巻く、嫉妬や欲望、そして絶望。リアルな医師同士のやり取りにやきもきして思わずため息が出る。

    主人公の元に研修医が3人来るのだが、上手く交流ができず自己嫌悪に陥るシーンなどは、部下を持つ会社や組織で働く人達の共感を得られるはず。

    そして、病院という世界を垣間見ることで、今この瞬間にも命を救おうと懸命に働いてるたくさんの『手』を想像することができる。

    人の命とは、生きるとは、こんなに尊い。

    読了後、再度タイトルを振り返った時に込み上げるものが必ずあるはず。

    本であまり泣かないスタッフNも視界が滲んだ。

  • アーモンド ソン・ウォンピョン著
    アーモンド ソン・ウォンピョン著
    1,760円

    あなたは『失感情症』を知っていますか?

    本屋大賞翻訳小説部門 第1

    感情がわからない、感情を表現できない。そういう症状を『失感情症』というらしい。初めて本作を読んで知った。

    主人公の少年は周りから『怪物』と呼ばれながらも、友達ができることで成長していく。

    愛を知ることは、自ら傷つくことでもある。

    傷つくという感情を持てるのは、実はとても幸せなことなのかもしれない。

    他人への思いやりとは何か…

    改めて考え直すきっかけになった素晴らしい本です。
  • スタートライン ~一歩踏み出せば奇跡は起こる~  喜多川泰 著 
    スタートライン   ~一歩踏み出せば奇跡は起こる~   喜多川泰 著 
    1,540円

    【五年後の自分の可能性は今日の行動で決まる】

    【人生はいつだって今日がスタート】

    「レベルの問題じゃない、心の壁の問題だ。。。。」 人は、何かをしようとするときに、 希望と共に、出来ない理由も考える。 出来ない理由は、一見「外」にあるように思えるが、 その全ては「自らの心の壁」が 姿を変えたものであるという。。。 そのことに気づいた人は、 一歩を踏み出すということが、 奇跡のスタートだと知ることになる。 この本を読み終えたとき、 そっと自分の足元に目を向けて欲しい。 そこには、きっとあなただけにしか見えない、 スタートラインが引かれているはず。 そこから一歩踏み出したとき、 あなたの奇跡が始まる。。。 不安もあるでしょう。 けど、大丈夫。 「その不安は、挑戦している証。胸を張っていいんだよ。」 と、喜多川さんは物語の中でそっと教えてくれる。性は今日の行動で決まる】

  • ソバニイルヨ   AI UG起動しますか?
    ソバニイルヨ   AI UG起動しますか?
    1,540円


    「ボクハ、キミにアイを伝えるために、生まれた。」 byユージ

    自分らしく生きる勇気をくれる、感涙の書き下ろし長編

    【9割以上のひとが泣いた】【この本は自分への投資】
  • ニュー・アース エックハルト・トール著
    ニュー・アース       エックハルト・トール著
    2,420円

     

  • ハウジングストーリー  ~伝えたい言葉・届けたい想い~
    ハウジングストーリー  ~伝えたい言葉・届けたい想い~
    1,540円

    人は、ひとのことをよく見ている。

    そして無意識に何かの判断をしている。

    「こんな人といっしょに仕事したくない」

    「この人のためなら全力を尽くしたい」

    「こんな人から買いたくない」

    「この人なら友達に紹介したい」


    果たして、何を見てこのような判断をしているのでしょうか!

(全商品 : 57点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

営業カレンダー