喜多川泰さんの本棚

  • 【6月28日発売予定】喜多川泰さん新刊「きみを自由にする言葉ヴィジュアル版」【予約受付中!】
    【6月28日発売予定】喜多川泰さん新刊「きみを自由にする言葉ヴィジュアル版」【予約受付中!】
    1,760円
    きみを自由にする言葉  【ヴィジュアル版】
    喜多川泰さんの著書から厳選した名言たちを集めたフォト名言集!

    ※発売延期になりました。
    6月28日発売予定。


    ※発売してからの発送になります。
  • 楽しいことを望むのではなく 起こることを楽しんで生きる   文・写真 喜多川泰
    楽しいことを望むのではなく 起こることを楽しんで生きる   文・写真 喜多川泰
    1,650円
    元気が欲しいとき、
    苦しい時、
    朝起きてすぐなど、
    気になったら、どこでもいいから
    パっと開いて読んでみてください。

    きっと心が晴れて
    「与えられた今日を楽しく生き切ろう」
    と笑顔になるはずです。

                喜多川 泰
  • 心晴日和  喜多川泰 著
    心晴日和  喜多川泰 著
    1,430円

    喜怒哀楽という言葉があるくらいですから、怒ったり、悲しんだりすることも必要な経験です。しかし、あまり感情に振り回されていては幸せな人生を歩むことはできません。
    この小説を通じて、事実はひとつでも、解釈は無限であること。
    幸か、不幸かは自分で選択できることを学んでください。

    今日を楽しく過ごす!幸せに生きる!と決めれば、見える世界も、
    起こる出来事も変わってくるはずです。

    中高生の女の子、思春期の子供たちの味方になってくれる本。

  • 運転者 ~未来を変える過去からの使者~ 喜多川泰著 
    運転者 ~未来を変える過去からの使者~ 喜多川泰著 
    1,650円
    【報われない努力なんてない】【運が無いひとなんていない】
    【もしかしてあなたは運を貯めている?】

    喜多川泰さんの最新作。この本が普及されることで救われるひとが大勢いるとおもいます。まずは「自分は運がない」と思ってるひとです。じつはそうではないことに気づき、人に運を分け与えられるようになるはずです。自分の損得ではなく人に譲る、この連鎖が起きていきそうな予感がします。

  • ソバニイルヨ   AI UG起動しますか?
    ソバニイルヨ   AI UG起動しますか?
    1,540円


    「ボクハ、キミにアイを伝えるために、生まれた。」 byユージ

    自分らしく生きる勇気をくれる、感涙の書き下ろし長編

    【9割以上のひとが泣いた】【この本は自分への投資】
  • 福に憑かれた男  喜多川泰 著
    福に憑かれた男  喜多川泰 著
    660円
    人生の困難にぶつかったとき
    何度も読み返したい物語がここにある――。

    突然他界した父親に代わり、実家の長船堂書店を継いだ秀三。

    店舗を大きくすることを夢見ていた彼に訪れたのは、集客が激減するなどのピンチに次ぐピンチ。
    「もう、やっていけない……」と意気消沈した秀三は、ついに店を閉めることを決意。
    しかし、実はこれらの出来事はすべて秀三に憑いている“福の神"の仕業だった――! ?

    「これは、どこかの本屋さんで起こった物語ではなく、今、あなたのお店、会社で起こっている物語だということです。
    秀三は自分であり、起こる試練の数々は、自分に憑いてる福の神が引き起こしてくれる、幸せのために必要な材料だと、読んだ人が、心から納得できる。
    そんな楽しみ方をしてもらえれば著者としては幸せです」(著者あとがきより)
  • One World  ~みんなが誰かを幸せにしている~
    One World  ~みんなが誰かを幸せにしている~
    1,540円

    『少年野球、サービスマン、卒業式、バレンタイン、能力、

    就活、日本、出稼ぎ、恋・・・』

    喜多川泰さん初の短編集かと思いきやそうではない。

    「僕たちの世界はひとつにつながっている。」

    帯の言葉のとおり、9つの物語はすべてつながっています。

     

    最後まで読み終わってももう一度最初に戻ってしまう。

    それが果てしなくつづく。

    あるいは、どこから読み始めてもすべてがつながってしまう。

    なんとも愉快な長編小説。

     

    今回も巧みな言葉でジャブを連発してきます。

    心くすぐられ、背中を押され、誰かを幸せにしたくなる。

    これぞ喜多川マジック!

     

    「このが世界をひとつにする!」と言っても過言ではない。

    それは読者が証明してくれるであろう。
  • 「手紙屋」 ~僕の就職活動を変えた十通の手紙〜  喜多川泰 著
    「手紙屋」 ~僕の就職活動を変えた十通の手紙〜  喜多川泰 著
    1,650円

    この本で働き方が変わったり、やりがいをみつけた人は多い。

    背中を押してもらい、転職した人もしばしば。

    学校では教えてもらえなかった「はたらく」について、就活前の学生から何十年も働いてきた人まで気づきを与えてくれます。


  • 「手紙屋」蛍雪篇 ~私の受験勉強を変えた十通の手紙〜  喜多川泰 著
    「手紙屋」蛍雪篇 ~私の受験勉強を変えた十通の手紙〜  喜多川泰 著
    1,650円

    「なぜ勉強するの?」

    誰もが一度は通るその質問に、

    斬新な視点で、これほどまでに明確に説明した本が

    あったでしょうか。

    多くの受験生の人生を変えた、中高生のバイブル的物語

  • 書斎の鍵  ~ 父が遺した人生の奇跡 ~  喜多川泰 著
    書斎の鍵  ~ 父が遺した人生の奇跡  ~  喜多川泰 著
    1,540円

    【本を読む人生】【本を読まない人生】【あなたはどちらを選ぶか】

    お風呂に入ったり、掃除をすることってちょっと面倒やけど

    後悔したことないでしょ?

    もしかしたら人生ってちょっとした積み重ねかも

    人の出会いも、本の出会いも

    【本の魅力】【読書の大切さ】を知ってしまう本

    【ブックルネッサンス始まります】

  • 賢者の書  喜多川泰 著
    賢者の書  喜多川泰 著
    1,320円

    仕事も家庭も思うようにいかず人生に絶望していたアレックスは、ある日公園で、少年サイードと出会う。彼は9人の賢者と出会う旅を続けていて、ここで最後の賢者と会うことになっているという。アレックスは少年の許しを得て、『賢者の書』を読みはじめた。

    まったく新しいファンタジー風味の自己啓発書。
    少年がさまざまな賢者から、「可能性」「目標」「自尊心」「感謝」などについて学んでいくさまは、仕事や人生に行きづまりを感じているあなたに、涙あふれるほどの感動と心の底からのやる気を与えてくれることでしょう。

  • 秘密結社Ladybirdと僕の6日間  喜多川泰 著
    秘密結社Ladybirdと僕の6日間  喜多川泰 著
    1,540円

    主人公の颯汰(そうた)は誰もが羨む水泳のセンスを持つ高校3年生。
    しかしライバルに本気で挑んで負けるのが怖く、早々に水泳を辞めて「書道部」に所属しながらダラダラした受験生活を送っている。そんなある日、颯汰は熱中症になって道端で倒れてしまう。
    次に彼が目を覚ますと、そこは父親がお気に入りで何十回と観ている映画『Ladybird』に出てくるバーだった。
    しかも目に映った人物は映画の中でいつも観ているその人たち本人……。
    キラキラと輝くように生きている大人たちとの出会いが、颯汰を変えていった。

    「生きることがつまらなかった。だけど僕は、あの日、あの人たちに出会って、自分との約束を守る大人になると決めたんだ」

    10代のストレートな心模様を描く青春小説の名手が挑んだ、まったく新しい登場人物たちの設定とストーリー展開。
    読み終わったとき、誰もがきっと自分の人生を静かに見つめ直すことでしょう。

  • スタートライン ~一歩踏み出せば奇跡は起こる~  喜多川泰 著 
    スタートライン   ~一歩踏み出せば奇跡は起こる~   喜多川泰 著 
    1,540円

    【五年後の自分の可能性は今日の行動で決まる】

    【人生はいつだって今日がスタート】

    「レベルの問題じゃない、心の壁の問題だ。。。。」 人は、何かをしようとするときに、 希望と共に、出来ない理由も考える。 出来ない理由は、一見「外」にあるように思えるが、 その全ては「自らの心の壁」が 姿を変えたものであるという。。。 そのことに気づいた人は、 一歩を踏み出すということが、 奇跡のスタートだと知ることになる。 この本を読み終えたとき、 そっと自分の足元に目を向けて欲しい。 そこには、きっとあなただけにしか見えない、 スタートラインが引かれているはず。 そこから一歩踏み出したとき、 あなたの奇跡が始まる。。。 不安もあるでしょう。 けど、大丈夫。 「その不安は、挑戦している証。胸を張っていいんだよ。」 と、喜多川さんは物語の中でそっと教えてくれる。性は今日の行動で決まる】

  • 君と会えたから・・・  喜多川泰 著
    君と会えたから・・・  喜多川泰 著
    1,496円
     涙の量No.1!?

    将来に対する漠とした不安を抱えながらも、自分のやるべきこともやりたいことも見つけられずに何もせず、無気力に過ごしていた平凡な高校生の僕のもとに、ある夏の日、美しい女の子がやってきた。そして、彼女から、その後の僕の人生を変える教えを聞くことになる。いつしか彼女に恋心を募らせていた彼の前に次第に明らかになっていく彼女の秘密とは……
  • 株式会社タイムカプセル社  ~十年前からやってきた使者~  喜多川泰 著
    株式会社タイムカプセル社  ~十年前からやってきた使者~  喜多川泰 著
    1,650円
    【号泣】【夢を思い出す】【自分を取り戻す】

    人は自分が想ったとおりの人間になる。

    人は自分が描いたとおりの人生を歩む。

    では、子供のとき描いていた大人になれたか?

    「 ・・・・ ?」

    どんな大人になりたかったのか忘れてしまっている。

    夢を捨ててしまっている。いつの間にかあきらめた。


    この本の5人の登場人物もそうです。

    10年前に自分宛に書いた手紙を読んで、子供のころに描いていた夢や希望を思い出します。しかし今の境遇は・・・

    喜多川さんの本は、小説ですが自分のすぐ身近で起きている話のように感じます。読みながら登場人物といっしょに「自分がほんとうにやりたいこと」「本音」を思い出してみてください。


    人生はいつでも、そして何度でもやりなおせる!

    この物語が教えてくれます。

  • 上京物語 ~僕の人生を変えた、父の五つの教え〜  喜多川泰 著
    上京物語 ~僕の人生を変えた、父の五つの教え〜  喜多川泰 著
    1,540円
    夢を夢で終わらせないために……

    自分にしかできない生き方を見つけたいあなたに贈る、五つの新常識と三つの方法。


    成功を夢見て上京した青年、祐介。
    いい暮らしがしたい。かっこいい車に乗りたい。自分の家が欲しい。
    誰もが思い描く「理想の人生」を追い求めていたはずだったのだが……

    大きな希望に胸を膨らませながら人生のスタートラインに立ったのに、
    みんなが当たり前だと思っている常識に流されて生きていくうちに、
    いつのまにか夢を忘れ、「こんなはずじゃなかったのに……」と後悔する。
    そんな多くの人が陥りがちな生き方を打ち破るには、何をすべきなのか?
    本当の幸せをつかむための考え方、心の持ち方とは?

    父から息子へ贈る渾身の手紙によって、
    夢を実現する「成功者」の生き方が少しずつ解き明かされていく!
  • きみが来た場所  喜多川泰 著
    きみが来た場所  喜多川泰 著
    1,650円
    会社を辞め、子供たちの生きる力を育てる塾を立ち上げた秀平。家族を支えながらも経営がうまくいかず、不安な毎日を過ごしていた。そんなある日、口に入れると「自分の先祖が体験してきたこと」が夢となってあらわれる「ルーツキャンディ」を手に入れる。秀平は祖父たちの生き様、決意、つないできた命の奇跡を知るなかで、これから自分の子として生まれる新しい命と、塾の子供たちに伝えなければならない大切なことに気づいていく。

    ※『母さんのコロッケ 懸命に命をつなぐ、ひとつの家族の物語』(2011,大和書房)に書き下ろしの短編を加えた新装版
  • おいべっさんと不思議な母子  喜多川泰 著
    おいべっさんと不思議な母子  喜多川泰 著
    1,540円
    子どもが学校で学ぶことは何なのか?
    勉強や運動も大事だけれど、学校でしか得られないものって他にたくさんある。
    それが何なのか・・・
  • 「また必ず会おう」と誰もが言った。 〜偶然出会った、たくさんの必然〜 喜多川泰 著
    「また必ず会おう」と誰もが言った。 〜偶然出会った、たくさんの必然〜 喜多川泰 著
    1,540円
    主人公・秋月和也は熊本県内の高校に通う17歳。 ひょんなことからついてしまった小さなウソが原因で、単身、ディズニーランドへと行く羽目になる。 ところが、不運が重なったことから最終便の飛行機に乗り遅れてしまう和也。 所持金は3400円。 「どうやって熊本まで帰ればいいんだ……」。 途方に暮れる彼に「おい! 若者」と声をかけたのは、空港内の土産物売場で働く1人のおばさんだった――。 人生を考え始めた高校生に大人たちが語りかける、あたりまえだけどキラリと光った珠玉の言葉。 誰の人生にも起こりうる出来事から物語をつむぐ名手、ベストセラー作家の喜多川泰がお届けする感動の物語。
1

(カテゴリー内 : 19点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

営業カレンダー