喜多川泰さんの本

  • 運転者 ~未来を変える過去からの使者~ 喜多川泰著 
    運転者 ~未来を変える過去からの使者~ 喜多川泰著 
    1,620円
    【報われない努力なんてない】【運が無いひとなんていない】
    【もしかしてあなたは運を貯めている?】

    喜多川泰さんの最新作。この本が普及されることで救われるひとが大勢いるとおもいます。まずは「自分は運がない」と思ってるひとです。じつはそうではないことに気づき、人に運を分け与えられるようになるはずです。自分の損得ではなく人に譲る、この連鎖が起きていきそうな予感がします。

  • ソバニイルヨ   AI UG起動しますか?
    ソバニイルヨ   AI UG起動しますか?
    1,512円


    「ボクハ、キミにアイを伝えるために、生まれた。」 byユージ

    自分らしく生きる勇気をくれる、感涙の書き下ろし長編

    【9割以上のひとが泣いた】【この本は自分への投資】
  • 書斎の鍵  ~ 父が遺した人生の奇跡 ~  喜多川泰 著
    書斎の鍵  ~ 父が遺した人生の奇跡  ~  喜多川泰 著
    1,512円

    【本を読む人生】【本を読まない人生】【あなたはどちらを選ぶか】

    お風呂に入ったり、掃除をすることってちょっと面倒やけど

    後悔したことないでしょ?

    もしかしたら人生ってちょっとした積み重ねかも

    人の出会いも、本の出会いも

    【本の魅力】【読書の大切さ】を知ってしまう本

    【ブックルネッサンス始まります】

  • 株式会社タイムカプセル社  ~十年前からやってきた使者~  喜多川泰 著
    株式会社タイムカプセル社  ~十年前からやってきた使者~  喜多川泰 著
    1,620円
    【号泣】【夢を思い出す】【自分を取り戻す】

    人は自分が想ったとおりの人間になる。

    人は自分が描いたとおりの人生を歩む。

    では、子供のとき描いていた大人になれたか?

    「 ・・・・ ?」

    どんな大人になりたかったのか忘れてしまっている。

    夢を捨ててしまっている。いつの間にかあきらめた。


    この本の5人の登場人物もそうです。

    10年前に自分宛に書いた手紙を読んで、子供のころに描いていた夢や希望を思い出します。しかし今の境遇は・・・

    喜多川さんの本は、小説ですが自分のすぐ身近で起きている話のように感じます。読みながら登場人物といっしょに「自分がほんとうにやりたいこと」「本音」を思い出してみてください。


    人生はいつでも、そして何度でもやりなおせる!

    この物語が教えてくれます。

  • One World  ~みんなが誰かを幸せにしている~
    One World  ~みんなが誰かを幸せにしている~
    1,512円

    『少年野球、サービスマン、卒業式、バレンタイン、能力、

    就活、日本、出稼ぎ、恋・・・』

    喜多川泰さん初の短編集かと思いきやそうではない。

    「僕たちの世界はひとつにつながっている。」

    帯の言葉のとおり、9つの物語はすべてつながっています。

     

    最後まで読み終わってももう一度最初に戻ってしまう。

    それが果てしなくつづく。

    あるいは、どこから読み始めてもすべてがつながってしまう。

    なんとも愉快な長編小説。

     

    今回も巧みな言葉でジャブを連発してきます。

    心くすぐられ、背中を押され、誰かを幸せにしたくなる。

    これぞ喜多川マジック!

     

    「このが世界をひとつにする!」と言っても過言ではない。

    それは読者が証明してくれるであろう。
  • スタートライン ~一歩踏み出せば奇跡は起こる~  喜多川泰 著 
    スタートライン   ~一歩踏み出せば奇跡は起こる~   喜多川泰 著 
    1,512円

    【五年後の自分の可能性は今日の行動で決まる】

    【人生はいつだって今日がスタート】

    「レベルの問題じゃない、心の壁の問題だ。。。。」 人は、何かをしようとするときに、 希望と共に、出来ない理由も考える。 出来ない理由は、一見「外」にあるように思えるが、 その全ては「自らの心の壁」が 姿を変えたものであるという。。。 そのことに気づいた人は、 一歩を踏み出すということが、 奇跡のスタートだと知ることになる。 この本を読み終えたとき、 そっと自分の足元に目を向けて欲しい。 そこには、きっとあなただけにしか見えない、 スタートラインが引かれているはず。 そこから一歩踏み出したとき、 あなたの奇跡が始まる。。。 不安もあるでしょう。 けど、大丈夫。 「その不安は、挑戦している証。胸を張っていいんだよ。」 と、喜多川さんは物語の中でそっと教えてくれる。性は今日の行動で決まる】

1

(カテゴリー内 : 6点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

営業カレンダー