• きみを自由にする言葉 喜多川泰名言集
    きみを自由にする言葉 喜多川泰名言集
    1,296円
    ファンもノーマークの新刊が、
    10月12日に入荷予定! 先行発売!!

    ただいま予約受付中!

    ※入荷次第順次発送させていただきます。

  • 机に向かってすぐに集中する技術   森健次朗 著
    机に向かってすぐに集中する技術   森健次朗 著
    1,512円
    ご安心ください、集中力がないという人は存在しません。
    なぜなら、みんな自分の趣味や好きなことには集中できるからです。
    あるとしたら、集中力を思うように使えないという現象ではないでしょうか。

    この本では、本来持っているはずの集中力を引き出すコツを紹介しています。
    集中力を発揮するには忍耐力や強い精神力が必要だと誤解されてる方も多いようですが、そうではありません。 ちょっとしたコツを知っていれば自由自在に引き出せます。

    例えばこんな経験はないでしょうか?
    気が乗らないまま掃除を始めたけどやってるうちに楽しくなったり、予定してた以上の範囲をしてしまうということが。 
    気持ちは後から付いてくるので、とりあえず始めてみることです。

    自分には集中力が無いと悩んだり努力したりするまえにコツを知ってください。
    たくさんの自己啓発書が出ていますが、「すぐに効果でた」と絶賛の声をこれほど多くいただく本はそうありません。
    読書のスピードが上がったという人も多いです。
    集中力がアップするのですから当然といえばそうですよね。

  • 窓ぎわのトットちゃん  黒柳 徹子 著
    窓ぎわのトットちゃん  黒柳 徹子 著
    1,620円

    あのね、


    トットちゃんは学校を


    退学になったんだよ。



    小学校一年生で。


    それからさ、


    新しい学校に行ったんだ。



    校庭に電車の教室が並んでる


    トモエ学園っていうところ。



    初めてトモエの門をくぐったとき


    校長先生はトットちゃんの話を


    4時間も聞いてくれたんだ。



    とっても楽しそうにね。



    トモエではね、


    教室で座る席なんて


    決まってないよ。



    その日の気分で決めていいの。



    時間割なんて


    決まってないよ。



    好きな科目から


    勉強していいんだ。


    お昼には歌をうたってから


    「海のものと山のもの」


    のお弁当を食べるんだよ。



    みんなで一緒にね。



    それからさぁ、



    トットちゃんが


    どんなにびっくりぽんな事件を


    起こしちゃっても



    校長先生はいつも言ってくれたんだ。



    「君は、ほんとうはいい子なんだよ」って。



     

    これはね、


    終戦のちょっと前まで


    ホントに東京にあった小学校と


    ホントに通っていた女の子の


    優しく抱きしめたくなる物語。




    あなたへ贈りたいな。

  • 書斎の鍵  ~ 父が遺した人生の奇跡 ~  喜多川泰 著
    書斎の鍵  ~ 父が遺した人生の奇跡  ~  喜多川泰 著
    1,512円

    本を読むなんて面倒くさい。

    一冊を最後まで読みきったことがない。


    本が無くても普通に生きていける。

    なんなら一冊も読まないで人生終わっても

    全く困らない。



    なんていうコトバを

    大きな声で言う人がいるよね。



    本をたくさん読んでいる人は

    暇だから読むわけじゃないよ。


    本を読むからこそ、

    時間に余裕が生まれるんだ。


    心豊かな友人と

    どんどん出会えるんだ。


    みるみるうちに

    人生が面白く回っていくんだ。



    あと、1つだけ言わせて。



    格好いい人は、


    カッコいい書斎を

    カッコいい本棚を

    カッコいい本を

    必ず持っている。



    さて、今すぐに

    あなたの人生を変える、

    この本のページをめくろうか。



     あなたにとっての運命の本は、

    冴えない時にしか出会えないから。

  • あなたはなぜ、片づけられないのか?  伊藤 勇司 著 ( PHP研究所 )
    あなたはなぜ、片づけられないのか?  伊藤 勇司 著    ( PHP研究所 )
    1,296円
    ㊟ この本はお家や部屋をキレイにするための本ではありません。

    この本は、お片づけやお部屋の状態をつうじて自分の 「 考え方やクセ 」 を知るための本です。



    一時、断捨離というものが流行りました。本を捨てた、服を捨てた、部屋がスッキリしたとみんな口を揃えて言っていましたがほとんどの人がリバウンドしています。
    せっかく決心して片づけたのに、大切なものまで捨てたのに・・・

    なぜ、リバウンドするのでしょうか?
    そもそも、なぜ片づけられないのでしょうか?
    その原因がこの本でおもしろいようにわかってしまいます。

    お片づけの本はたくさん出ていますが、この本が一番おすすめです。
    お片づけやお部屋の状態と、人の心理をここまで深く検証している本はほかにありません。 著者に脱帽したくなるくらいです。


    どうか皆さん、悩むまえに、捨てるまえにこの本を読んでください。
    もし今お部屋がキレイとか、お片づけで悩んでない人もぜひ読んでみてください。

    思考、行動、心、人間関係、時間の使い方、価値観・・・
    自分の考え方やクセを知ることができますから。

  • 成功のバイオリズム [ 超進化論 ]   田中克成 著
    成功のバイオリズム [ 超進化論 ]   田中克成 著
    1,620円
    壁にぶち当たったとき、
    もうどうにもならないと思ったとき、
    苦しいのはどん底にいるからではない。 

    抜け出す手段が見つからないからだ。

    そして大抵のひとがそこで挫折する、あきらめてしまう。

    この本を読んでバイオリズム「超進化論」を知っていれば、一筋の光を信じれたのに・・・




    500人の成功者に共通するあるバイオリズムが存在した。その名も 「 超進化論 」。
    成長期 ⇒ 停滞期 ⇒ 活動期 ⇒ 過渡期 のサイクルである。
    自分は今どこにいるのか、次のステージへ行くにはどう立ち向かえばいいのか、真の成功とは何なのか、この本で明かされる。


    どんな壁にぶち当たっても、どんなに心が折れても、
    ひとつだけ信じていてほしい。
    過渡期にいるということは、もうすぐ成長期がやってくるということを! 

    あきらめるな! 人や環境のせいにするな!
    光はかならずある。自分の足元に。

                              ブックランドフレンズ 店主
  • 株式会社タイムカプセル社  ~十年前からやってきた使者~  喜多川泰 著
    株式会社タイムカプセル社  ~十年前からやってきた使者~  喜多川泰 著
    1,620円
    喜多川泰さんの新刊です。
    「この本がいちばん面白い!」 読んだひとからそんな声が聞こえてきそうなお話です。

    僕的には、「君と会えたから」を超える涙の量でした。      こんぶ

           ※先行発売!  ( 12日~ 順次発送させていただきます。 )


    人は自分が想ったとおりの人間になっていきます。

    人は自分が描いたとおりの人生を歩んでいきます。

    では、子供のとき描いていた大人になっているかというとほとんどの人がそうではありません。

    なぜなら夢やなりたい職業をどこかで忘れてしまうから。


    この本の5人の登場人物もそうです。

    10年前に自分宛に書いた手紙を読んで、子供のころに描いていた夢や希望を思い出します。しかし今の境遇は・・・

    喜多川さんの本は、小説ですが自分のすぐ身近で起きている話のように感じます。読みながら登場人物といっしょに「自分がほんとうにやりたいこと」「本音」を思い出してみてください。


    人生はいつでも、そして何度でもやりなおせる!

    この物語が教えてくれます。

  • 清水克衛 著 『 まず、人を喜ばせてみよう 』 プレジデント社
    清水克衛 著  『 まず、人を喜ばせてみよう 』 プレジデント社
    1,512円

    ・自分に自信がない! 


    ・悩みが多い!


    ・毎日が楽しくない!


    そんな人に読んでほしい一冊。


     


    ※読んでおもしろくなかったら苦情受けつけます。(担当 河田)


     

  • 100万回生きたねこ   佐野 洋子 作・絵
    100万回生きたねこ   佐野 洋子 作・絵
    1,510円

    100万回いきてい100万回死んだ猫は、


    泣いたことも愛したこともなかった。


    あるとき一匹の白い猫と出会い、初めて自分より


    大切なものをみつけたとき・・・


    愛を知る。

  • 嫌われる勇気  岸見一郎・古賀史健 著
    嫌われる勇気  岸見一郎・古賀史健 著
    1,620円

    自分を変えることはできない。


    この先ずっと、死ぬまで自分は自分である。


     


    しかしパソコンのOSを新しくバージョンアップできるように、


    自分もまたライフスタイルを新しく変えることで


    事実上、自分を変えることはできる。


     


    人の悩みの100パーセントは「対人関係」であるが、


    その悩みを無くし、自由な対人関係を築くことは誰にでも


    できることである。


     

  • One World  ~みんなが誰かを幸せにしている~
    One World  ~みんなが誰かを幸せにしている~
    1,512円

    『少年野球、サービスマン、卒業式、バレンタイン、能力、

    就活、日本、出稼ぎ、恋・・・』

    喜多川泰さん初の短編集かと思いきやそうではない。

    「僕たちの世界はひとつにつながっている。」

    帯の言葉のとおり、9つの物語はすべてつながっています。

     

    最後まで読み終わってももう一度最初に戻ってしまう。

    それが果てしなくつづく。

    あるいは、どこから読み始めてもすべてがつながってしまう。

    なんとも愉快な長編小説。

     

    今回も巧みな言葉でジャブを連発してきます。

    心くすぐられ、背中を押され、誰かを幸せにしたくなる。

    これぞ喜多川マジック!

     

    「このが世界をひとつにする!」と言っても過言ではない。

    それは読者が証明してくれるであろう。
  • なぜ、宮崎の小さな新聞が世界中で読まれているのか    宮崎中央新聞社 松田くるみ 著
    なぜ、宮崎の小さな新聞が世界中で読まれているのか    宮崎中央新聞社 松田くるみ 著
    1,350円

    当時、彼女は普通の主婦だった。 2人の乳幼児を抱えながら、慣れない子育てに奮闘していた。 結婚してからフルタイムの仕事はしていない。 パートで朝のラジオ番組のアシスタントをしたり、話しかた教室のインストラクターなど、あまり普通の人がやりそうもないことにチャレンジしていたが、まだまだ趣味の延長でやっていたようなものだった。


    その彼女が「宮崎中央新聞」の営業をやるようになって、それまで眠っていた能力が突然開花した。 誰から教えられたわけでもなく、誰から管理されたわけでもないのに、自分で決意して飛び込み営業を始めたのだ。


                ~ みやざき中央新聞 魂の編集長 水谷もりひと 「まえがき」より ~


     

  • ハウジングストーリー  ~伝えたい言葉・届けたい想い~
    ハウジングストーリー  ~伝えたい言葉・届けたい想い~
    1,512円

    人は、ひとのことをよく見ている。

    そして無意識に何かの判断をしている。

    「こんな人といっしょに仕事したくない」

    「この人のためなら全力を尽くしたい」

    「こんな人から買いたくない」

    「この人なら友達に紹介したい」


    果たして、何を見てこのような判断をしているのでしょうか!

  • ブレイクスルー ~あの日僕たちは、一歩前へ踏み出した~  松尾健史 著 
    ブレイクスルー ~あの日僕たちは、一歩前へ踏み出した~  松尾健史 著 
    1,404円

    突き抜けろ!


    突き抜けろ!


    突き抜けろ!


    目標、壁、試練、トラブル、スランプ・・・

    人生の過渡期から脱出するためには?


  • 中高生のための「かたづけ」の本  杉田明子・佐藤剛史 著
    中高生のための「かたづけ」の本  杉田明子・佐藤剛史 著
    907円

    かたづけをすると、「選ぶ力」が養われます。


    「選ぶ力」が身につけば、


    迷いや葛藤などいろんな悩みが解消されます。


    大げさでなく、自分が望むお家の環境、お部屋の環境を


    を手に入れることができたとしたら、


    自分が望む人生を手に入れたということになるでしょう!


     


     


     

(全商品:27点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

営業カレンダー